塾で受験対策 | 幼稚園教諭の育成や幼児教室など、子供を育てる環境が揃っています

幼稚園教諭の育成や幼児教室など、子供を育てる環境が揃っています

塾で受験対策

集団授業の塾

塾には主に集団授業と個別授業の2つの形式があります。 集団授業は個別授業とは違い生徒一人一人に合ったカリキュラムではないため苦手分野の克服には自主勉強により時間をかけなければいけません。 しかし、塾が集団授業であっても講師に質問することができるので、積極的に自分で質問をしに行くことによって解決することができます。さらに、そういった質問を繰り返すことで講師が生徒の苦手分野を把握することができ、どこをどう重点的に勉強をすればいいかなどのアドバイスを受けることもできます。 そして、個別授業の塾では競う相手がいないためマイペースな勉強をしがちになりますが、集団授業の塾では同じクラスの生徒という競い相手がいるため、周りと比較することで人に比べてどこが苦手か、どこが得意かという点を把握することができ、負けず嫌いであれば負けないように必死に勉強しようとするため、周りと比較しペースを上げ下げすることで効率的に勉強することができます。 集団授業の塾には以上のような特徴があります。

多様化していく塾

塾は勉強を教わるサービスなのですが、その形態は多様化しています。かつては一つの教室で一人の講師に対し、複数の生徒が学ぶ形態が一般的だったのですが、最近では少人数制のものであったり、一対一で教わる個別指導もあれば、DVDなどの映像で授業を受けるものなど種類は様々です。 授業を受ける側のニーズが多様化しており、それぞれ異なる個性に対応した形態を提供することによって、より効率的に授業内容を学び、学力向上を求め、塾の宣伝効果である生徒が受験した中学や高校、大学の合格実績を生み出そうという意図があるからです。 そのため、塾を選ぶ際にはそれぞれの個性に合わせて授業形態を提供する塾を選ぶ必要がありますし、形態が多様化しているということはそれだけ生徒のニーズに応じられるということでもあります。