幼稚園教諭の育成や幼児教室など、子供を育てる環境が揃っています

結婚後も働ける

幼稚園教諭の免許には種類がある

 幼稚園教諭といえば昔から憧れる方も多い仕事ですが、家庭を持ったあとでも続けられる、自分の希望に沿った働き方を選択できるなどの理由から、最近ますますその人気が高まっている職業です。  幼稚園教諭になるためには専門の資格が必要になりますが、現在その資格を取得する方法はひとつではありません。ここで注意しなくてはいけないのは、どこで学んでも同じ免許が得られるというわけではなく、その課程により取得できる免許には違いがあるということです。たとえば、大学院の修士課程修了程度なら専修免許状、大学卒業程度なら一種免許状、短期大学卒業程度なら二種免許状というように決まっています。ですから、進路を決定する前には自分がどのようなことを学びたいのか、どの免許の取得を目指すのかなどを総合的に考え、慎重に決断することが大切です。

進学する時には広い視野で物事を見よう

 しかし、いくら自分が幼稚園教諭一種免許状を取得するために大学へ進学したいと思っても、地域的な問題や家庭の事情などによりその願いは叶わないこともあるでしょう。だからといって諦める必要はありません。なぜなら、二種免許取得後に一定期間現場経験を積めば、試験を受けて一種免許に変更することが可能だからです。多少遠回りになることがあっても夢を実現することは可能ですので、できるだけ多くの情報を集めて視野を広げてみてください。  また、近年は幼保一元化の流れが強くなってきているので、幼稚園教諭と併せて保育士の資格を持っていることで将来的に就職口が多くなる可能性があります。進学先で幼稚園教諭以外にどのような資格を取得することができるのか、事前にチェックを忘れないようにしましょう。