幼稚園教諭の育成や幼児教室など、子供を育てる環境が揃っています

効率の良い学習

これまでの学習塾の指導形式の変遷

学習塾は、当初、学校のような集団指導形式として、サービスが始まりました。現在でもその指導形式は多いです。比較的、授業料が安価なのも特徴です。しかし、難点もあります。集団指導形式であるが故、指導を受ける生徒の個別対応がなかなか難しいということです。その難点を補うべく、登場した指導形式が個別指導です。講師一人に生徒が多くても三人で、それぞれ独立した授業を、いわば、ワンツーマンで指導してくれます。最近では、この指導形式が一気に市場を拡大しています。しかし、授業料が割高で、且つ、講師の質は明らかに集団指導形式に劣ります。それぞれに長短があるので、学習塾を選ぶ際には、実際に指導を受ける生徒の個性に合わせ、選択すると、成績向上に繋がります。

これからの学習塾の指導形式のトレンド

これまでの集団指導形式、個別指導形式に次ぎ、第三の指導形式が登場しました。それが映像指導形式です。講義を映像に収め、それを反復し視聴することで、学習を進める形式です。塾としても、個別指導ほど人件費をかけることなく経営することができ、生徒としても、映像とはいえ、質の高い講義を個別のブースで、自身のペースに合わせ学習することができることから、近年、急速に市場を拡大しており、現在の学習塾の指導形式のトレンドとなっています。しかし、この指導形式は指導を受ける生徒の高いモチベーションが必要不可欠です。だから、高校生の大学受験の学習塾での採用が多いです。中学生の高校受験の学習塾で、映像指導形式を採用する場合、映像に加え、生徒のモチベーションを上げる工夫がなければ、成績向上の可能性が低い指導形式と言えます。